投資家カラマの人生変革日記
極度のコミュ障カラマが新卒で入った東証一部上場企業の設計開発職で鬱病を発症。無職、フリーター期間を経てビルメンに転職するも退職。専業投資家を目指すブログです。
過去の話題9
中学以降みんな背が高くなりたいというような人が周囲で多かったのですが、自分はそれが嫌でした。周りから高くなったなみたいに言われたくなかったのを覚えています。

そんな感じでしたが、中1から一気に増えた感じでしたから生徒や親せきなどに言われるのが嫌で猫背になりました。あとは人と視線が合うのが嫌でしたばかり向いていました。人に自分の存在を知られるというのが嫌で、見られたくないという気持ちが強かったですね。

最近でもついこの前電車内で人に見られてイラっとすることがありました。混んでいたので何とかその人に迷惑かけまいと息もかからないように気を使っていたのになぜかちらっと見てくるので。久しぶりに切れそうな感じになった。

まあこういうのは止めて、夏目さんでしたっけ?人に迷惑かけてやれの精神ですね。

それでやや脱線しましたが、その大学に行くこととなります。大学に入る時点では自由を得られるかもという期待も持っていきます。高校までは行事などで嫌な思いとかしていましたから。

大学の場所は自宅から2時間は確実にかかる場所です。それでも自宅近辺しか行っていなかったこともあり、わくわくしたこともあります。中学で鉄道研究会には入っていましたが、その頃は特に興味はなかったのですが、この頃から車両などはまったくわかりませんが、ダイヤ関連や新規路線計画、都市計画などに対しての興味が強まりました。

大学は最初そこそこの変化を期待して入りました。でも最初から人と関わる機会が全くありません。新入生歓迎みたいのが一日あって、ほかのキャンパスから先輩が来ている日があってその時あるサークルに誘われます。それで内容的にもスポーツ的でもないし、リア充中心ではなくオタっぽい人が多かったのでいいかなと思ったところ、それは週1でほかのキャンパスに行かなくてはいけないことが分かります。

自宅から全然関係ない方向に1時間30分、自分の行くキャンパスからも1時間30分かかります。親に対して負い目を感じているのにさらに電車賃もかかる、体力もないということから諦めます。

それ以後もふらふらしたのですが、リア充中心のスキーとかの人に声をかけられただけで時間ばかり過ぎていくので結局あきらめました。あとでいいかとうのと、2年で理系のみのキャンパスに行くのでその時に入れるのかなと思ったのもあります。

でもそれは後で裏切られることになります。自分のような性格の者が途中から入りたいと連絡などできず。2年は1時間40分くらいで行けるキャンパスだったのですが、2年から入るという人はいないし、コネとかがないと単独でそこを訪ねて入るのは厳しかったです。というか調べすらしていないのでわかりません。

それですぐに普通の日々が始まります。でも入ってみると予想以上に人と関わらずにいられる場であることに気づきます。教員が壇上に立ってそれをメモして、それだけという講義も多かったです。出席は取る方が多かったですが、それすらないのもありました。

スポーツは選択だったので取りません。実験も1年は基礎的なのだけだし、1年は毎回一緒にやる人も変わるので話さないままどんどん時間だけが過ぎていきました。

それと同時に大学をレジャーランドとしか考えていないような学生が目立ちます。それでそういう学生に対しての怒りというような気持ちもどんどん募っていきます。

わざと人に迷惑をかけたり、出席のために来て騒いだり、とにかくわざといきがってマナーを悪くしている連中も多かったです。それで自分は周りの学生を一緒くたに見て、絶対こういう連中のようにはなりたくないと心を頑なにもしていきます。

後でいい人もいるということに気づいていくわけですが。これが現在でもリア充のようにはなりたくないと言っていて、リア充嫌いの要因です。ああなりたくないし、どうしても抵抗があります。

この頃も分からなくても相談するということができず、自己完結していましたね。ネットもまだ従量制で時間制限だったかもしれませんが、2年に入る前後で常時接続できるようになったと思います。それでよりネットにも解決の場を求めます。

ただしこの頃はネットとは言っても個人の作っているサイトで有意義な場が数多くあり、それが中心でした。今のようなどこを見ても商業主義丸出しの場所ではありません。

自分はいい議論をしている文学や鉄道のサイトを見ていました。2ちゃんねるは存在すら知りませんでしたから、その点は良かったです。3年か4年の頃初めて気象関連のスレッドを知って見るようになり、4年の終わりから地理の板も知りどんどんはまっていきました。

そういう訳で何も話さない大学生活デビューとなりました。高校まではそれでも強制的に話させられるシチュエーションがあったのですが、それもなし。大学というのは友達ができにくい場だなと思ったのが第一印象です。それで少しはあった期待も消えダラダラと大学生活がはじまっていきました。

次回は4月の末頃、初めて学生に話しかけられた話と人生最大の本との出会いについて書きます。本は読んだのは大学に入る直前なので前後しますが、内容が多くなりそうですので次回とします

前回の記事
過去の話題8
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

Author:カラマ
極度のコミュ障カラマが新卒で入った東証一部上場企業の設計開発職で鬱病を発症。無職、フリーター期間を経てビルメンに転職も退職。専業投資家を目指すブログです。
質問、感想などどんなことでも気軽にコメントいただければ嬉しいです。

株資産の推移(資金を途中で投入しています。実際の収支は「収支」カテゴリの年間収支で見てください。)
2010年末 899,454円
2011年末 938,944円
2012年末 1,565,099円
2013年末 4,051,824円
2014年末 4,414,314円
2015年末 4,368,802円
2016年末 5,416,168円
2017年1月末 6,926,739円
2017年2月末 7,412,257円
2017年3月末 7,772,879円
2017年4月末 8,225,970円
2017年5月末 8,247,641円
2017年6月末 8,944,869円
2017年7月末 9,383,999円
2017年8月末 9,668,988円



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カウンター



リアルタイム市況



株価チャート

by 株価チャート「ストチャ」



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR