投資家カラマの人生変革日記
極度のコミュ障カラマが新卒で入った東証一部上場企業の設計開発職で鬱病を発症。無職、フリーター期間を経てビルメンに転職するも退職。専業投資家を目指すブログです。
過去の話題11
電験3種を調べていくうちに久しぶりにやる気が出てきました。もしかしたら勉強したかったのかもしれない。今年は時間がないので無理と思っていたけど4科目あって、1つでも科目合格すると翌翌年まで免除されるのでもしかしたら受けるかも。もしやるとしたら理論と法規に集中します。恥ずかしいことに電気電子工学関連を出たのですが、電力と機械は全然分かりません。

--------------------------------------------------------------------------------
自分の大学生活はとにかく余計なことはせずに最小限で卒業したいなということでした。1~2年くらいは就職もしない方向で考えていたかな。

別の記事にも書きましたが、北海道の広い場所でのんびりしたいなとか考えていました。で大学生になったら自由に何でもできるんだろうなと思っていたのですが、そういう訳にも行きませんでした。

実家から通っているので特に変わったことはできずにいます。まあ行き帰りとかは途中で下車して寄ったりはしましたね。一人で小旅行というのは結構しました。何駅か分歩いて見たり、大学は山に近い場所にあったのでその山に登ったり。

基本は親とかの絡みがあって自由というのはなかったですね。あとお金もそんなになかったので、前回書いたドストエフスキーの本を買うために古本屋をめぐりました。

夏前までにある程度ドストエフスキーの本は増やしています。そして、通学途中で読み出したカラマーゾフの兄弟でしたが、通学中は集中できなかったこともありあまり進まなかったのですが、夏休みになると一気に読みきります。

そしてさらに感銘を受け、これが自分の中で生涯最高の本となりました。1~2年はほとんどドストエフスキーのことばかり考えていました。

その後1年の後期にかけて長編小説は全て読みます。2年の夏にはサイトを作ることを決意しました。もし見たい方がいたら教えます。

あとこの頃は鉄道ダイヤ関係で面白いサイトがありよく見ていましたね。そこで議論にも参加して、2年は鉄道ダイヤにも興味を持った頃でした。

高校までは結構家族で旅行とか行っていたのですが、大学になると親も金がないと言ってそれもほとんど行きませんでした。だから長期休暇中は実家のある地域からほとんど出ませんでした。

1年の頃は長距離通学で初の大学生活ということで特に言われませんでしたが、2年になるとそこそこ遠いものの1年よりは少し近いこともあり、親からバイトをしろといわれ続けることになります。

でも自分はできませんでしたね。求人広告とか見ても怖くなって電話もできなかったし色々と考えていました。2年の夏は上記サイト関連のことで自分を試すということを言い訳にして逃げていましたね。

親がこれとこれみたいな感じでチェックして外出すると、そこに電話がかけられず一日中家の中を歩き続けたりしようとして震えたりしました。そもそも短期募集というのがなかったので、長期休暇中だけのバイトがないと言って結局は逃げていたように思います。

2-3年の春になるとさすがに逃げられなくなり、一番みんながやるだろうし、自分みたいなコミュ力ゼロでも何とかなりそうに感じた工場でバイトをすることにします。

そこは履歴書を送るだけで即採用でした。季節物なので1週間の短期でやっていました。まあそこは肉体労働でしたね。

特に昼は女が多いこともあり、力仕事ばかりやらされて、筋肉痛になるはで散々でした。3年になると就職活動の関連の作業をやっていましたから、親も何も言わなくなり、結局大学でのバイト経験はこれだけです。

2年になると勉強がすごい厳しくてそれも大変でした。教員の脅しというのもすごかった。まあ勉強しない人たちに宛てていたのでしょうが、こういうのは一番堪えるのは真面目な人ですからね。

留年したらどうしようとかなり必死にもなりました。まあふたを開けてみたら大して厳しくもなくでしたね。自分の在籍した学科は130人くらいでうち女子7名くらいでしたが、全体の3割は実際留年してたみたいですがね。

KとRとはたまに会っていましたね。これも数ヶ月に1回くらいです。次回はKとRの恋愛関係など書きます。

前回の記事
過去の話題10
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

Author:カラマ
極度のコミュ障カラマが新卒で入った東証一部上場企業の設計開発職で鬱病を発症。無職、フリーター期間を経てビルメンに転職も退職。専業投資家を目指すブログです。
質問、感想などどんなことでも気軽にコメントいただければ嬉しいです。

株資産の推移(資金を途中で投入しています。実際の収支は「収支」カテゴリの年間収支で見てください。)
2010年末 899,454円
2011年末 938,944円
2012年末 1,565,099円
2013年末 4,051,824円
2014年末 4,414,314円
2015年末 4,368,802円
2016年末 5,416,168円
2017年1月末 6,926,739円
2017年2月末 7,412,257円
2017年3月末 7,772,879円
2017年4月末 8,225,970円
2017年5月末 8,247,641円
2017年6月末 8,944,869円
2017年7月末 9,383,999円
2017年8月末 9,668,988円



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カウンター



リアルタイム市況



株価チャート

by 株価チャート「ストチャ」



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR