投資家カラマの人生変革日記
極度のコミュ障カラマが新卒で入った東証一部上場企業の設計開発職で鬱病を発症。無職、フリーター期間を経てビルメンに転職するも退職。専業投資家を目指すブログです。
日本株の時価総額からまだ上昇余地がある
日本株の時価総額の推移に関してですが、2015年5月末に東証一部とその他の株式の合計で約620兆円となりました。1989年12月末の611兆円を抜いています。当時は一部と二部しかありませんでしたが、現在はマザーズ、JASDACを加えています。

無題

このまま下に抜けていけば、1989年や2000年や2007年のように2015年がピークだったねとなります。ところが、今回は2016年11月末で560兆円まで戻り、2016年12月末の時価総額が再び600兆円に迫りそうな勢いです。

一度折れたのは単なる調整だった可能性が高いと考えています。バブル期の上昇局面を見てみますと、1982年9月末の86兆円を基準として1989年12月末に611兆円まで伸びました。

今回は、2012年8月末の258兆円をベースとして考えて、息の長い株価上昇となる可能性が捨てきれません。それなら、2019年末までは上昇局面となります。もちろん急に折れる可能性もあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

Author:カラマ
極度のコミュ障カラマが新卒で入った東証一部上場企業の設計開発職で鬱病を発症。無職、フリーター期間を経てビルメンに転職も退職。専業投資家を目指すブログです。
質問、感想などどんなことでも気軽にコメントいただければ嬉しいです。

株資産の推移(資金を途中で投入しています。実際の収支は「収支」カテゴリの年間収支で見てください。)
2010年末 899,454円
2011年末 938,944円
2012年末 1,565,099円
2013年末 4,051,824円
2014年末 4,414,314円
2015年末 4,368,802円
2016年末 5,416,168円
2017年1月末 6,926,739円
2017年2月末 7,412,257円
2017年3月末 7,772,879円
2017年4月末 8,225,970円
2017年5月末 8,247,641円
2017年6月末 8,944,869円
2017年7月末 9,383,999円
2017年8月末 9,668,988円
2017年9月末 9,781,535円



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カウンター



リアルタイム市況



株価チャート

by 株価チャート「ストチャ」



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR