投資家カラマの人生変革日記
極度のコミュ障カラマが新卒で入った東証一部上場企業の設計開発職で鬱病を発症。無職、フリーター期間を経てビルメンに転職するも退職。専業投資家を目指すブログです。
専業に向けて
投資の専業に向けて一歩ずつ進んでいるところではあります。2025年に投資資産1億円を達成して、これ以降専業になるのが現時点の予定です。

今年は昨年末からリスクを取って投資をした結果、順調に推移しています。それでもまだ資産を年末までに、今の時点から30%くらいは増やさなければならず、かなり厳しい目標です。


副業としてやっているビルメンの仕事の方が厳しいのも痛いです。メンタルも疲れて来て、契約更新時の6月末で遅くとも辞めようかと思っています。バックレると宿直用で持っていている荷物を回収できないのが痛いです。

もし残ると、来年の3月くらいで現在の現場は建物の売却により終わり、別のところに異動するということですが、会社の持っている現場が少なく待機要員的になる可能性も高そうです。

現在の職場の人と意思疎通ができないのが辛いです。このまま3月まで耐える自信もありません。来年正社員になれるという話もありますが、それでも年収は300万を超えるくらいです。50代以上の年齢層が高い人が多いので、できれば残しておきたいという会社の考えだと思います。

ここを辞めた場合は、CADオペレーターをやろうかなとも思っています。人から言われたことを、基本はパソコンに向かって座って黙々とやるという仕事が自分には合っています。

以前新卒で行っていた会社では、現在使われていないCADソフトの基本的なことしかやっていないので、未経験者という扱いになり、派遣でも結構厳しそうです。派遣会社で研修をやれば大丈夫というところもありますが。

ただ、残業が結構あるところも多く、平日休めなくなるのは株の専業に向けて考えると痛いです。生活費は副業で稼いで、投資資産を使って2025年に1億円作る計算ですから、現時点で専業になるのも難しいです。


これまでの投資資産と現金などの資産の合計でピークだったのが2015年2月です。これ以降浪費や投資の損が続き、最も資産が少なくなったのが2016年10月です。資産はピークから6,346,930円減少しました。

2017年3月末の時点ではかなり取り戻しまして、2016年10月より3,051,824円戻しました。2016年1月末の総資産額とほぼ並んだ状況です。2015年2月の資産までは、あと3,295,106円必要です。今の想定では来年になる予定です。
現在の保有銘柄の状況
今日は少し取引を行いました。

東北特殊鋼を200株現引、エヌアイシ・オートテックを100株利確、昭和システムエンジニアリングを全て損切りです。

東北特殊鋼は動き出しましたがゆっくりなので、余力のある限り現物に移行させようと思います。信用取引は金利で損をする可能性が高まります。

エヌアイシ・オートテックは再び大きく上げましたね。一部リスク分散の売りです。弱くはないと思いますが、上げのピッチも早いので。

それから、昭和システムエンジニアリングを全て損切りしました。企業分析をしていますが、体質的にあまり好みの会社でなかったのが最も大きいですね。上がる可能性がない訳ではないです。

無題
副業、電験三種など
さて、最近ですがやる気が出ずに再び鬱のような状況です。薬をやめてしばらく経つので関係ないと思うのですがね。病院は新しいところに月1回行っていますが、あまり思ったことを話せずにいます。発達障害などもあるのかもしれません。

副業の仕事が、マンネリ化してつまらなくなりました。70~80%できると満足してしまう自分の特徴ですね。それに、あと1年で今の現場がなくなるということでみんなモチベーションが低いです。覚えても他に行ったらそのことは使えないから、覚えなくてもいいというようなことを言われることもありますし。


他の仕事も見ていますが、人手不足という割にないですね。地域を限定しているのもありますが、今の郊外の地域が良いです。都心に行くと、もう少しありますが家賃で実際に使えるお金で損します。狭い部屋や、古い部屋はメンタル的にもおかしくなります。通勤時間をかけるのも、時間が大事ですから無駄だと思います。

ルート配送などはいいかなとも思います。それとCADオペレーターも未経験でできるのもあるようですが、基本は派遣からですね。ビルメンは疲れたので転職するなら離れるかもしれません。


それから、電験三種の去年の点数を思い出しました。機械の勉強などをやってみて、これじゃ無理だと思ったのですが、去年の結果を見て取れるかもと思いました。理論55点(合格)、電力30点、機械45点、法規49点です。

機械は55点で合格だったのであと2問、法規は54点で合格でしたのであと1問で合格でした。機械は過去数年と比べて大きく優しかったですが、どちらにしてももう少しですね。

電力は勉強時間はそれほど必要ないようですし、ここから踏ん張ってやれば十分合格できそうです。機械は電動機分野が全く手つかずでしたが、マンガで分かるモーターという本をまだ最初だけですが、読んでみたら面白くなりました。

去年の年末から、工業高校の教科書などを読んでも全く頭に入らず、このまま諦めようかと思っていましたが、少しでも足掻いて、今年2科目でもいいから狙います。来年まで理論の科目合格は使えます。もちろん、全て取って合格となればそれが一番良いですが。

難しいと思い込んでいますが、電験三種はそこまで難しい資格ではありません。合格率も近年は7~8%ありますし、勉強すれば誰でも取れています。


スロットも1月を最後に全くやらず、女性とも全く会っていません。やる気がないですから。IQOSも2月から減らしていましたが、現在2週間くらい禁煙に成功しています。

IQOSは売り方が嫌なのと2020年までにどちらにしても、自宅くらいでしか吸えなくなりそうですからね。紙巻は、ビルメンやってて、フィルターとか見ていたらもう完全に嫌になりました。

Ploom TECHも持っていますが、今のところ止められています。煙草は吸っていたのは1年ですが、吸いたい気持ちは続きます。心理的な面が大きそうです。

これで、今月はかなりの黒字にできそうです。11月12月は臨時収入で何とか黒字でしたが、今月は無駄遣いをせずに達成できそうです。


株に関しては、エヌアイシ・オートテックを100株利確、ハビックスを200株購入しました。結局新興株上昇は21日の1日限定でしたね。再び資産は減っています。

無題
大きな流れの変化、爆上げ
今日の相場に関してですが、大きな流れの変化がありました。新興株が再び買われて、自分の保有株も大きく上がりました。

あまりに大きな変動ですと、暴落の中の一時的な買い戻しということも考えられますね。例えば、リーマンショックの暴落時に、1日だけ強烈な買い戻しが入り日経1000円高などという日もありました。

この場合、相場は不安定で弱いということになります。明日以降も注視していきたいところですね。

エヌアイシ・オートテックは、先週末に再度の上方修正、増配の発表があり爆上げしました。何でこんなに細かく何度も出すんでしょうかね?前回出た時点でまた出るだろうなと予想できていました。

浮動株が少ないので、すぐに爆上げします。100株利確しました。少しずつ利確も進めようと思います。

それから、ハビックスも安値放置銘柄ということで紹介されて今日は大きく上げました。まだ安いですね。ここは年初来高値も更新して初動ではないかと見ています。


それから、地価については完全に自分が見切れていませんでした。これまでと比べて、相当にピンポイントではありますが、地価急騰というバブルが起きていました。1990年と比べれば2008年に急騰した地域もピンポイントです。2017年はさらにピンポイントで起きても不自然ではありません。今回も、土地バブルの後、ショックという流れになるのでしょうか。こちらも心配です。

無題
保有銘柄下落
保有銘柄ですが、ここ数日で一気に下げています。新興株はイベント前の利確売りが出ているというだけではないですね。上昇が止まって、本格的な下落の様相です。

それでも、損切りしたところが底という気もしてきて切れていません。買い増しもしていません。ただ見ているだけですね。ここからどうやっていくか考えないとです。

無題

キャプチャー画像を比較して見ましたが、冷静に考えると主に下落しているのはエヌアイシ・オートテックと昭和システムエンジニアリングですね。ここを何とかすれば良さそうです。REITは永久保有の予定ですから。
昭和システムエンジニアリング、東北特殊鋼買い
株の状況ですが、変わりつつあるように感じます。NYダウが12連騰し、トランプ大統領の議会演説が終わり、調整局面が終わったように思います。

景気の状況は、地価の高止まりが続いているなど、悪い状況もありますが、株は上昇しやすいと考えています。先週の外国人投資家の売りも小さく売りたたかれる可能性も低そうです。ここから買っていっても良いと考えています。

自分の投資方法は、昨年末から2月前半まで大きく資産を増やせた、割安の成長株を買うという方針でやっていく予定です。今日は、昭和システムエンジニアリング、東北特殊鋼を買いました。どちらも出来高が少なく、出遅れている状況ですね。

それから、今日はエヌアイシ・オートテックも大きく上げてきました。シンプロメンテも優待落ちでの売りも収まり、上昇が期待できそうです。買い増しは見送っています。

無題
今月も
生活費に関してですが、今月も結局赤字になりそうです。主にスマートフォンの購入費用によるものですが、それを考えてもどうしても厳しいです。

家賃の3倍と比べてもかなり使っています。スロットを止めれば容易に黒字になるという考えは甘かったです。クレジットカードの支払いが一定程度ありますね。すでに来月の支払い予定も結構あります。

確かに、1月は公休数が多いのもありました。今は時給で働いていて、前の月の末締めで、翌月に支払いです。稼働日数が少ないとそれだけ給料は下がります。多分、稼働日数が19日なのは1月だけでしょう。宿直手当は月によって、1日多い月と少ない月があります。


自分は新卒で最初に入った会社にいた時、誰でも当たり前にこれくらいの給料は貰えるものだと思っていました。これが普通であり、独身であればこんなに働かなくても、最低限だけで十分に生活ができるものだと考えていました。感謝もしていませんでしたね。

何も知らなかったのに、出ていき3年前の12月から色々と生活を変えて生きてきています。もはや人生崖っぷちでもなく、すでに崖から落ちています。

こんな風になるなんて知らなかった。分からなかった。あの時分かっていたら、こんなところに来ていなかったでしょう。

最後に何を掴めるかを今は考えています。何歳からでもどんなことでも始めることはできるなどと偉そうに言っていましたが、年齢とともに新しいことを始める気持ちもなくなりました。

自分が20歳くらいの時に30代だった人が今は50歳になりました。あっという間に時代が過ぎていきました。すごいことですね。自分が憧れていた人が50歳と聞き、あまりのことに度肝を抜かれました。自分も気づいた時には50歳になっているでしょうね。

最近若い人と会う機会があり、少し話しましたが、今20歳の人から、それだけの年寄りだと見られているのだとも気づいてきています。


ビルメンという生活をしていると、より無気力になります。行くと、周りもみんな、早く明日になって帰りたいなと言っています。ビルメンというものは、そのテナントの総務等の担当者が担当し、不具合を見つけたらすぐに設備のメーカーを呼べば不要です。管球交換なども誰でもできる仕事です。

点検と言っても、見た時点では不具合がなかった、その後起きたと言えばいいので、ファンを起動するなど点検しているかシステム上に出てしまうものを除けば、行ってきますと言って、隠れて寝ていても良いのです。昔からの慣習で置いているという面もありますからね。設備の知識などもあってもなくてもどちらでもいいのです。

電験などの資格も取ってしまうと、責任を取らされることになる訳です。自分は取りたいとは考えていますが、認定で取れる立場なのにずっと取っていない人などもいます。

現場の責任者になれば、給料は法律上の管理監督者待遇ですらないのに、施設の近くに住んで、24時間365日体制で呼ばれる可能性のあることになります。緊急時は呼ばれますからね。

自分の会社だと、多分年収で500~600万円くらいでしょうね。ビル管などの資格の知識と、高いコミュ力があることが条件になります。テナントとの接し方などは大して教養がなくてもできますね。言葉遣いなども気にしていません。


ビルメンの経験を増やし電験の資格を取ることも、崖から落ちながら掴む一つの方法ですね。電気主任技術者は責任は一定はありますが、あくまで技術担当ですから務まりそうです。それと、理系大卒だと今年の4月以降なら、経験1年になるので講習だけでビル管は取れます。

それから、株も今年に入って好調なのでさらに伸ばして、計画を確実に達成したいです。最低限の目標で、今年の年末に投資資産800万円です。できれば1000万円ですね。現時点で750万円ありますから、可能な限り伸ばしていきたいです。

相場の動向ですが、レンジがしばらく続きそうですね。様子見の時期が長引きそうです。景気の動向は、下目線ではないかと思います。
シンプロメンテストップ高
株の状況に関して書きます。昨日の引け後に、自分が300株だけ保有していましたシンプロメンテが乃村工藝社と資本提携の情報が出ました。

これにより、今日はストップ高となりました。シンプロメンテは優待目的が主でしたが、業績も良いですからもう少し持っておけば良かったですね。

乃村工藝社も成長度合いが高く、時価総額がもっと小さければ自分の買い銘柄の対象に入ったでしょう。今後も期待ができそうですね。

相場に関しては、ようやく外国人投資家の売りが先週は止まったようで、トレンド転換の可能性がありそうです。現時点では、レンジで抑えられていますが、踊り場を抜けて上昇相場が始まる可能性もあり、そろそろ買い始めても良い時期かもしれません。

無題
信用取引は全て返済
昨日の投資主体別売買動向でも外国人投資家の売りが続いていて、個人投資家が買い出しています。今後も安定しない相場で、全体的には下落トレンドが続くと考えています。

それなので、信用取引については全て決済しました。

まずは、現物について、JACリクルートメント、原田工業を利確。幼児活動研究会を損切りしました。信用分については、兼松エンジニアリングを全て利確しました。

それで、信用買いには金利もありますから、持ち続けていると費用がかかります。余力を使い、ハビックス、クニミネ工業、エヌアイシ・オートテックを現引きしました。エヌアイシ・オートテックは一部利確もしています。

JACリクルートメントは来期予想が弱いのでしばらく低迷しそうなので、一旦手放します。原田工業も最終利益は弱く、この価格で安定するか、下もありそうです。

兼松エンジニアリングもこのあたりで止まりそうです。ハビックス、クニミネ工業、エヌアイシ・オートテックはまだ上方修正の可能性があり、持っておいた方が良いと考えています。

無題


副業は厳しいですね。学生の頃から変わっていませんが、誰からも話しかけられなくなりました。話しかけられても、雑談ができず答えられないことが続きましたからね。行っても、完全に外されていて厳しいです。

そろそろ辞めるかもしれません。バイトと収入は変わりませんし、ビルメンで1年の経験ができましたから良いでしょう。理系の大学を出ていますから、3月末までやれば、3週間くらいの講習に出るだけでビル管を取れます。
ミロク情報サービス爆上げ
今日は先週末に第三四半期決算が発表されたミロク情報サービスが爆上げしました。

好業績と増配がありました。自分では予想通りでしたが、これでもここまで上げるんですね。期末決算での上方修正の可能性も上がりましたね。ミロク情報サービスは好調が続くでしょうから、安くなったら買い増しを続けていきたいです。

JACリクルートメントは来期予想がショボかったですし、足元の業績が悪化してきているので利確を進めていきたいです。決算後は少しずつ上がっていますがね。

原田工業は上げすぎていますからさらに利確をしています。残りは決算まで持ち越してもいいかもしれません。兼松エンジニアリングは明日発表ですが、良い決算と上方修正が期待できます。

それから、下落トレンド入りと考えていますので、今年のNISAの投資枠を使って日本リートを購入しました。資産を眠らせて置くよりも運用手段を考えた方が良いです。金銀への投資はショックのような下落が予想されるときくらいでよいと思いました。

無題
先月は
先月の生活費についてですが、赤字でした。株は除いています。副業の給料と、ロイユニオンアフィリエイトでようやく最低基準額の5000円が貯まり、受け取りましたが、それ以上に生活費がかかりました。

11、12月は年末調整や先に受け取った交通費がありギリギリ黒字だったんですがね。支出は少し減りましたが、赤字となってしまいました。

スロットは1月13日に最後に打って、先月合計で31k負けました。これが大きいですね。それ以降一度も打っていないので、今後も継続させていきたいです。

それを除いても、やはり生活をギリギリまで切り詰めても、年間で250万円くらいはかかるものですね。さらに国民健康保険になったりするともっと出費はかかります。株の専業になるにはこれを基準として考えていきます。

スマホは12月くらいに機種変更をしたので、6ヶ月後からどこの格安SIMにも切り替えできるようになりました。それですが、もう少し見極めて変更していきます。


それから、株については金曜日1日で投資資産20万円減少しました。保有している銘柄が大きく下げました。明日は、ハビックスやミロク情報は決算が良くて上げそうですが、それ以外は厳しそうです。

原田工業は売却を進めていて、さらに利益を上げています。現時点の今年確定させた利益は180万円あり、株では昨年の巨額の損失を取り戻しました。さらに含み益もあります。ここは通過点ですが、残念ながら先は見えないです。

原田工業はさらに新高値ですが、決算で織り込み済み売りとなると予想しています。さらに処理を進めて、保有は最低限にします。相場は、目先はレンジでも、全体的な下落トレンドは継続しそうだと考えています。
相場に関して
相場に関してですが、全体的には下落トレンドに入りましたね。しばらくはレンジ内での動きになるかもしれません。

昨日から今日にかけては、JACリクルートメント、原田工業、エヌアイシ・オートテックなどを一部利確しました。また、新規銘柄としては、幼児活動研究会、ハビックス、クニミネ工業などを購入しました。

今後は少しずつ利確を進めていきたいです。しばらくは、新興市場も大きく上がる銘柄が少なくなることも予想され、相場を休むこともありでしょうね。

昨年末から今年の1月は好調でしたが、今後はしっかり見極めながらやっていきたいです。

無題

電験三種に関してですが、電力のキャリアアップ講習を申し込みました。副業で行けないかもしれませんが、とりあえず応募しました。機械からやろうと思っていますが、これまであまり進んでいないのが実情です。モチベーションの部分が上がらないですね。
カネミツ半分利確
今日は、寄り付きからカネミツが爆上げしました。窓を開けての急騰でしたので、1380円台で利確しました。ここで利確できたのはとりあえず正解でした。

引けでは窓を埋めて終わりました。残り半分は踏み上げに期待ですが、大きな上ひげが付いて当面は難しいかもしれませんね。

それ以外でも新興株が強く、全体的に上げてきました。松屋フーズは好決算で今後も期待できそうです。次は上方修正もありそうですね。

エヌアイシ・オートテックはカネミツのように暴走していませんから、もう少し状況を見ていきたいところです。シンプロメンテは優待前に信用分を利確するかどうかですね。


今年の確定させた利益は100万円となりました。昨年の損失は今度確定申告に行きますから、今年分の税金も削減できます。まずは昨年の爆損を取り戻して、そこから資産を伸ばしていきたいところです。

無題
銘柄変更、保有状況
銘柄の変更や保有株数を変更しました。

OSGコーポレーションは全て損切りしました。以前から狙っていた兼松エンジニアリングを購入しました。エヌアイシ・オートテックを追加購入しました。シンプロメンテは優待目的で300株現引きしました。

カネミツが今度は爆上げしました。それから、JACはあまり良くない方向に向かいそうですので、時間軸をずらして少しずつ売却を進めていく予定です。今日は指値が指さりませんでした。タイミングを見て売ります。

現時点の資産は670万円となりました。含み益が160万円ほどあり、全て利確すれば昨年の莫大な損失を取り戻すことができます。今年の年末の目標も見えてきましたが、自分のやり方だと相場が悪い時は手を出しませんから、今もっとやらないとでしょう。

トレンドに関してですが、先週で調整は終わったと見ています。再び目先は上昇に向かうのではないかと考えています。TOPIXや新興も含めて全体に資金が入っているので大丈夫でしょう。


しかし、メンタルの方は最近すっかり鬱のトレンドに入りました。心療内科は近いところに新しく行き、自立支援医療の病院・薬局を変更しました。冬はなりがちなので仕方がないですね。

無題
保有銘柄爆上げ
今日は保有銘柄が爆上げしました。特に、エヌアイシ・オートテックが高値を更新しましたね。自分の保有している銘柄は日経と逆行することも多いです。

外国人投資家が売って、個人が買っている傾向が強まり、株全体で下落トレンドが続くかもしれないので警戒は必要です。

この前、原田工業が大きく上げた時に一度、投資資産600万円を達成していましたが、状況を残していなかったので今回は残しておきます。

3勝7敗どころか、これまでは目を付けた株がかなりの確率で上がってきています。それですが、天狗になったら負けると思っています。自分の無知を知ることがまず第一です。これからも気を引き締めていきます。

今月、確定させた利益が87万円ほどあります。含み益も変化していますが、約100万円ありますのでもう少しで昨年1年間の損失分は取り戻せそうです。ここがスタートラインでしょうね。

無題
今日の保有銘柄の状況
それでは、現在の保有している銘柄の状況です。

もう一度、投資資産600万円の手前まで来ています。それですが、1月2週目の投資主体別売買動向を見ますと、新興市場では外国人投資家の売りの方が多くなってきました。

さらに、個人投資家も信用で買い越して来ています。この状況になると、下落トレンドに入りやすいです。騰落レシオでも短期ではマイナス圏に入っています。このまま下落トレンドに入るのか、持ち直すのか注視していきたいです。

原田工業に関しては、現物のみ保有しています。残りは長期保有も視野に入れていきたいですね。今回は一旦の高値圏で手じまいできました。これまではもっと上がるはずだと思い高値圏で売れなくて、結局下がってしまうことが多かったです。

シンプロメンテとOSGコーポレーションを信用で新たに買いました。

これまでは、実際に買うわけではないけれど、大き目の株を監視していましたが、これからは、実際に売買しそうな株を監視していこうと思います。今日は、大きく入れ替えました。

確かに気になってみたいという部分はありますが、全ての銘柄を監視できる訳ではありません。これからも仕手株はできるだけ触らず、高騰しそうな成長株を狙います。まずは3勝7敗くらいでもいいから、トータルではプラスにできるパフォーマンスを目指します。

無題
年間収支、原田工業など
年間収支に関してですが、先物・オプション、FXなどはまとまってきました。SBI証券で取引をした現物と信用は16日に出ますので、来週初めには公表できると思います。

昨年の年間収支は、だいたい200万円の損失ですね。NISAは繰越控除ができないそうですから、やはりあまり利用価値がないですね。年間収支には入れる予定です。


スロットについては、一昨日14k負け、昨日1k負けでした。今日は沖ドキを少しやりました。最初の1台は、前日最終340Gくらい、当日120Gくらいから、4kで何も引けず。

2台目は前日最終300Gくらいで、当日100Gくらいで1kでBIG。この出玉70GくらいでBIGでした。これがカナチャンランプ点灯しました。それですが、2連荘で終了、32G止め。今日は+1.5k、今月は今の時点で31k負けですね。

一昨日前住んでいた地域に行きましたが、そっちでは沖ドキがフル稼働していますが、やはり別積みしている人が数人いても、2000枚台くらいまでしか出している人がいません。

沖ドキはよほど薄いところを引かないとだめですね。今は規制が厳しいと聞きますからどうなっているのか知りませんが、以前のパチンコの方が簡単に35k以上持ち帰れました。自分や家族が適当に1回あたり5kでくらいやって、35k持ち帰れる時がかなりありました。

原田工業に関してですが、昨日少しふるい落とされました。それですが、引けで500株603円で買って、今日623円で500株売れました。

税金が20%程度かかってきますが、約8000円くらいはプラスです。やはり自分には株があっていますね。スロットで8k勝つと言ったらかなり厳しいですが、株で8k勝つのは難しくありません。

昨年は、1~4月によく分からず大きな勝負をしてしまい負けましたが、本年はすでに確定させた利益で56万円ほどあり、含み益は今日の引けの時点で126万円ほどあります。

今後もスロットは遊びでたまにやるくらいで、極力やらないようにします。株は本腰を入れていきます。現時点で600万円になりましたが、今年年末の投資資産は少なくとも800万円、できれば1000万円は達成するようにします。


先週は、外国人投資家の買いが大きくなり復活しましたね。個人投資家の売りも継続です。今週がかなり気がかりではありますが、もう少し上昇方向が続くのではないかと見ています。20日はややリスクもありますが、トランプ氏の動向もだいぶ織り込んできたように思います。
保有株の状況
保有株の状況に関してです。

エヌアイシ・オートテックがようやく動きました。ただ引けにかけて利確の動きも広がり、上ひげができました。これですとやや厳しいです。前回の高値の1059円を超えてくれば面白いでしょうね。

それから、原田工業を一部利確しました。今日は下ひげで耐えたものの、そろそろ危なそうですね。毎回、利確のタイミングが遅れて元の株価まで戻ってしまうので、頭と尻尾は捨てるつもりでやっていくことも必要です。

昨年は、グリーンペプタイドを500円台で買いまして、2200円くらいまで上がりましたが、結局ホールドしてしまい600円台くらいで売りました。上がり方の問題もありますがね。原田工業も憶測を大幅に上回るような上方修正はないと考えています。

無題
景気のサイクル、スロットなど
景気のサイクルについて考察したことを書いてみます。大体の印象です。

1973~1976 後退局面
1977~1979 拡大局面
1980~1982 後退局面
1983~1985初期 拡大局面
1985後期~1986 後退局面
1987~1990 拡大局面
1991~1993 後退局面
1994~1996 拡大局面
1997~1999初期 後退局面
1999後期~2000 拡大局面
2001~2002 後退局面
2003~2006 拡大局面
2007~2009 後退局面
2010~2013(2011~2012除く) 拡大局面
2014~2016 後退局面

直近で後退局面が長く、2017~2020までは拡大局面となると考えています。特に世界的に好調であった2010~2012は東北地方太平洋沖地震の発生及び円高の影響で、日本株が極端に安値で推移していましたからまだ修正が続くと見ています。

特に、1980年代から1990年のバブルの修正が20年でようやく切りが付いたのではないかと見ています。日本企業の世界の時価総額ランキングに入る企業の数でも復調傾向にあり、良いシナリオでは株は安値修正が2022年くらいまで続きそうです。

まずは、1億円を作ってそれから不動産投資など様々なことに手を出そうと思っていましたが、それでは8年くらいは待たなければならなそうですし、下手したら一生が終わってしまいます。それなのでまずは、2000万円くらいを目標にしていこうかなと思っています。


スロットに関してですが、今日ゴーゴージャグラーで1900GでBIG8回、REG12回の台を見つけてすぐに座りました。それでしたが、2000枚出た後一気に沈んでいて自分がやった段階で+1000枚くらいでした。すぐにBIG2回出しましたが飲まれました。

しばらくしてから見たら、BIG11、REG15で差枚はほぼ0くらいまで沈んでいました。多分低設定が前半にまぐれで吹いたのですね。スランプグラフで山を描く台は時々見ますが、これは当日これまでの履歴だけで判断してはだめだということだと思いました。

自分はスロットをやりだした7年くらい頃に、今を基準として考えるということをやっていました。初期の頃勝っていた時に考えていた手法です。ビギナーズラックだと思ってすぐにこの方法は捨てました。それですが、今後はこれも取り入れてやっていこうと思います。具体的な内容はまとまってから書きます。

1000Gごとに刻んだり、ある期間はすごい好調でもあまりにも長期間に渡って不調な台なども、打つか考えることが必要です。最近このような台をよく見るようになりました。これまで以上に打つ基準は厳しくなりますね。

それから、沖ドキに関してですが5000枚クラス出ることもあるようですね。それですが、3スルー以上していても、Bモードの可能性はそれほど上がらないということです。

今日は、2スルーの台を自力で早い段階で2回ボーナスを引きましたが、単発でした。結構最後は粘りましたがモード示唆もなく捨てました。4スルーで、300G台ですね。すぐにデータ機を見ている人がいましたが、打ったかは確認していません。

落ちていることは基本ないですが、600Gくらいハマっている台などを打っていこうかなと思います。3スルー以上だったら400Gくらいから打ってもいいとは思いますが、現在の地域ではないです。この前このような台があったら、立った瞬間に複数の人が一斉にこの台を狙ってきて、一番先に取った人が物を置きました。これでは無理です。

それですが、以前住んでいた地域はジャグラーには厳しくて、沖ドキは時々落ちているのでそっちでやるときは少し探します。逆に今住んでいる地域は、ジャグラーは今日やったくらいの台も時々落ちているので吟味して狙えます。アイムは高設定っぽくても打ちません。今月はこれまで、17.5k負けています。
仕事に関する考え方
仕事は、人生における重要なファクターであることは否定しません。ただし、プライベートや自分のやりたいこと、目標があっての仕事です。

人生は一度しかなく、嫌な仕事を無理してやる必要は全くないと考えています。やりたい仕事があって、どうしても長時間いたいという人がいて、その価値観については否定しません。

ただし、それを他人にも要求する場合にはパワハラになります。

上司等で、家族がいて、家に帰りづらいから残っている、残業代が欲しいからダラダラと仕事が無くても座っているということが日本の生産性の悪化を招いています。

家族のいる管理職は、8時から23時まで会社にいて、会社に住んでいても、配偶者等が家事や手続きをやってくれるので問題ないでしょう。最近は一人暮らしや、結婚しても共働きをする人が多く、部下は家庭のこともあって対応できないのです。

それから、年齢の高い人は一度高い給料を得ると、降格させるのは難しいです。それなので、犠牲になるのは若い世代の人です。正社員であっても昇格する基準が非常に厳しくなっていたり、非正規雇用になったりしています。給料も上がらず、社歴の長い会社は1社の中で不均衡が生じています。

これまでいくつかの職場に入りましたが、長くいる人は全く仕事ができないのに、高い給料を得てる人が多かったです。これが日本企業の業績悪化を招いている大きな要因です。今後は、社歴が若い企業の方が成長する可能性が高いでしょう。


労働時間については、日本はヨーロッパよりは多いものの、アメリカと同じくらいで、韓国等よりは少ないです。韓国はよく分かりません。

ヨーロッパやオセアニアは労働時間が短くても、日本よりも生産性が高く、アメリカも含めて2週間以上といったような長期の休暇が取りやすいです。


自分のことですが、現在の職場では定時に必ず帰れます。しかし、来年には確実に勤務場所か職種が変わります。

もし、ダラダラ残業をすることを求めるような職場に身を置かされた場合には、そのことが判明した当日に2週間後の日付を書いた退職届を提出し、それまでは有給を要求します。

1つの企業に固執する必要は全くないですし、人生を長時間労働によって無駄にする必要もないのです。


プロフィール

Author:カラマ
極度のコミュ障カラマが新卒で入った東証一部上場企業の設計開発職で鬱病を発症。無職、フリーター期間を経てビルメンに転職も退職。専業投資家を目指すブログです。
質問、感想などどんなことでも気軽にコメントいただければ嬉しいです。

株資産の推移(資金を途中で投入しています。実際の収支は「収支」カテゴリの年間収支で見てください。)
2010年末 899,454円
2011年末 938,944円
2012年末 1,565,099円
2013年末 4,051,824円
2014年末 4,414,314円
2015年末 4,368,802円
2016年末 5,416,168円
2017年1月末 6,926,739円
2017年2月末 7,412,257円
2017年3月末 7,772,879円
2017年4月末 8,225,970円
2017年5月末 8,247,641円
2017年6月末 8,944,869円
2017年7月末 9,383,999円



最新記事



最新コメント



カテゴリ



カウンター



リアルタイム市況



株価チャート

by 株価チャート「ストチャ」



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



検索フォーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR